スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続・フレットレスベース考

前回書き漏らしたことなどを。

よくフレットレスベースを「『ウッドベースと同様に』フレットが無いベース」だとして、「エレクトリックとアコースティックの要素を併せ持つ楽器である」とする説(?)を見かけまして、まあ捉え方は人それぞれなんでどうぞご自由にっていう話なんですが、私はうーん、それはどうなのって思います。
フレットにより半音で区切られていることがエレクトリックな楽器の要素であるという思考があるんだろうけど、「出せる音高が離散的→エレクトリック」「連続的→アコースティック」っていう捉え方がまあナイーブ。
エレキはデジタル!アナログならアコースティック!って連想が働きやすいのは理解できるけど、【デジタル楽器/アナログ楽器】の分類は【電気・電子楽器/生楽器】の分類とは違う話でしょう。


で、フレットレスベースはあくまでエレクトリック楽器だと思います。


そもそもエレクトリックベースは木の板に張った弦の振動をピンポイントで拾って電気で増幅する、っていう、楽器的な良い音を得るという発想からは程遠いコンセプトで生まれた道具ながら、その便利さゆえに新しい音楽とともに普及し、数々の名手に演奏され、その音が後から価値を持った道具だと思っています。

フレットレスベースも同様で、楽器として絶対的に良い音(そんなものは本当は無いわけだけど)かどうかでなく、圧倒的な名手によって音の価値が決定された道具であると言っていいと思います。

その「圧倒的な名手」も、初めて録音を聴いたザヴィヌルに「お前はエレクトリック・ベースも弾くのか?」と訊かれてるので、「フレットレスベースはアコースティック要素を持つ楽器ではなく、フレットレスベースという確たる存在だ!」という自分の価値観も、圧倒的名手によって作られたものに違いないですよね。
圧倒的名手すげえ

そんなわけで、よくあるアコースティック指向のフレットレス(ホロウボディだったりピエゾ載ってたり無駄に木製パーツ満載にしてたり)は良い印象ないです。伏字で言うならACよりBNFが良い(伏字とは)




あと話が飛びますが、フレットライン。
これは必須と言っていいと思います。
百歩譲っても指板側面のラインとトップのフレット位置のドットは必要。

エレキベースは楽器の位置が体に対して固定される又は明確な対応が保たれることがないし、体の下のほうで横向きになった弦を押さえるには関節位置覚は全くアテにならず、したがって視覚に頼らざるを得ない道具です。
何か特殊な構え方と特殊な訓練をすればラインなしフレットレスも弾けるようになるかもしれません。

自分の楽器なんかはフェノール樹脂指板(真っ黒)に塩ビ板(真っ白)ラインなのでコントラスト最高で薄暗くても困ったことがないです。光るとなおよかったですけどね。
ローズ・エボニーにはメイプル板を入れるのが定石ですが、プラスチックなり塩ビなりの真っ白な素材がもっと有力な選択肢になっていい気がします。

ライン無しの独特の格好良さはあると思いますが、楽器の構造・演奏形態(姿勢?)上、ラインはほとんど必須と言って差し支えないものですから、開き直ってクッキリハッキリ見えるラインが良いと思います。



最後は最後らしく、最終フレットの話。
フレットレスは最終フレット位置でだけフレットレスらしい音が出ないことがよくあります。
指板を削って仕上げていくとき、注意しないと指板の端付近をわずかに大きく削り落としてしまうため(大げさに言えばスロープ状になり)、最終フレット位置だけバズらなくなるためです。
まあ仕上げとしては失敗なんですが、場合によっては音楽的に機能しないこともないと思います。

たとえば Remark You Made ではベースが弾くメロディの実音での最高音はG弦20フレットのE♭ですが、普通のジャズベースではこれが最高フレットです(この曲が明らかに4弦フレットレスジャズベースのために書かれた曲であることがわかります)。
で、圧倒的名手の色々なテイクを聴いても、明らかにこのE♭だけ丸みを帯びた、他とは異なる音になっていることが確認できます。
圧倒的名手の圧倒的タッチコントロールもありますが、たぶん、指板終端の処理がわずかに甘いです。
でも最高音のE♭が丸い音になってるの、すごく感動的ですよね。
道具としてのアンバランスさは必ずしも音楽的にダメということではないです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

たりき

Author:たりき
2016年まで「たりきこうぼう」としてギター・ベースのリペアを承っていました。
現在は PLEK JAPAN 勤務。私個人ではご依頼を承っておりません。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。