Fodera Monarch Ying-Yang Standard

Fodera Monarch Ying-Yang Standard にフィンガーランプ・ピックガード・電池ボックスの取り付けを行いました。

ランプ・ピックガードはボディ全面の陰陽模様を崩さないよう意識しました。

DSC02529.jpg



ランプはトチを主材に、黒い部分にエボニーを配しています。

DSC02440.jpg




PUのネジ部分と重なる場所は、裏側からトリマーで切削。

DSC02539.jpg




ランプとPUが綺麗な面をつくりだします。両面テープで固定。

DSC02534.jpg




ランプとボディの杢の繋がりも、きちんと考慮しました。

DSC02443.jpg



陰陽模様も破綻無く。

DSC02495.jpg

DSC02498.jpg



ピックガードは厚さ3mmの無色透明のアクリル板。こちらも陰陽模様に合わせることで違和感を減らしています。

DSC02536.jpg




ネック終端部分に嵌め込んで固定しているため、ネジ止めは不要です。

DSC02535.jpg




最後に、キャビティ裏蓋への電池ボックスの取り付け。わざわざネジを外さなくても電池の交換が可能になります。
なお裏蓋は黒のアクリル板で新しく製作しています。

DSC02522.jpg



黒のアクリル板はツヤありの状態ではあまりに軽薄な印象だったので、目の細かいヤスリでスクラッチを入れました。

DSC02523.jpg


盛りだくさんな作業内容でしたが、楽器本体への不可逆な加工は一切していない事が今回のポイントです。
いわゆる「改造」を出来るだけ避けることは、多くの場合とても重要なことです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

トラックバック

まとめ【Fodera Monarch Ying-】

Fodera Monarch Ying-Yang Standard にフィンガーランプ・ピックガード・電池ボックスの取り付けを行いま

プロフィール

たりき

Author:たりき
2016年まで「たりきこうぼう」としてギター・ベースのリペアを承っていました。
現在は PLEK JAPAN 勤務。私個人ではご依頼を承っておりません。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR