スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飾らないための飾り -ピックガード造形-

各方面から好評なので調子に乗って自分のピックガードについて語ろうと思います。



これまでずっとフィンガーランプをつけていましたが、思うところがあって外しました。長い期間つけいただけに思いっきり日焼けしています。フロントピックアップのザグリも丸出し。これはこれで一種独特な風格があるのですが、なるべく普通の楽器のような見た目にしたいこともあり、ピックガードを製作することにしました。DSC00797_R_20180707000704d44.jpg 


G&Lですからフェンダー直系なので、フェンダー的でありつつ、ピックアップのキワまでの日焼け跡を完全に隠す造形を考えます。特に意識したのはストラトのピックガード形状で、ちょうどストラトの場合ブリッジがある辺りにピックアップがあるのでボディに対するピックガードの形状・サイズのバランスはうまく取れたのではないかと。
pg_R.jpg


ネジ止めしている風ですが、飾りです。短く加工してピックガードのみに刺さっている状態。 自分の楽器とはいえ不必要にネジ穴をあけるのは避けたい、とはいえネジが無いと「ハメ込み固定された特殊なピックガード」という情報を持ってしまいます。情報を減らすための飾りです。 DSC00799_R_2018070700070652e.jpg

実際はネック端とピックアップ、ボリュームノブで保持しています。
DSC00802_R_20180707000707a0e.jpg
スポンサーサイト

プロフィール

たりき

Author:たりき
2016年まで「たりきこうぼう」としてギター・ベースのリペアを承っていました。
現在は PLEK JAPAN 勤務。私個人ではご依頼を承っておりません。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。