スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレットレス加工(Line6 Variax Bass)

Line6 Variax Bassのフレットレス加工です。
普段、ローズウッド指板にはメイプル板でラインを入れているのですが、今回はご希望によりローズウッドを使用。さらにトップのポジションマークも消しています。






これは別の楽器ですが、加工前はこのような状態でした。

DSC03800.jpg





フレットを抜いて溝を埋める作業はいつも通り。ポジションマークについては、ザグった後にローズウッドで埋めています。

DSC03817.jpg




表面の加工が完了。のっぺらぼうです。
サイドのポジションマークがフレットの間にあるのはライン無しフレットレスとしては問題なので、フレットの位置に移動させます。写真は12フレット部分なので、2つ並んだマークの間がフレットの位置です。

DSC03825.jpg





もともとのマークの部分はローズウッドの粉と接着剤を混ぜたもので埋めます。

DSC03826.jpg




加工完了。

DSC03833.jpg




組み込んでセットアップ。軽くハイハネしていたのをフレットレス加工の工程で修正したので、快適な状態に仕上がっています。

DSC03838.jpg





ポジションマークはもちろんLuminlay。

DSC03854.jpg
スポンサーサイト

プロフィール

たりき

Author:たりき
2016年まで「たりきこうぼう」としてギター・ベースのリペアを承っていました。
現在は PLEK JAPAN 勤務。私個人ではご依頼を承っておりません。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。