スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エポキシコーティング

フレットレス2本の指板にエポキシコーティングを施しました。


1本目、Fender USA AMERICAN STANSDARD Jazz Bass



P2061848.jpg

P2061856.jpg

音はこちら。
Fender AMERICAN STANDARD Jazz Bass



2本目、moon JJ

P2061832.jpg

P2061799.jpg

P2061840.jpg

こちらも録音があります。
Moon JJ


いずれの楽器も受け取り時の弦、または交換用に用意された弦がフラットワウンドでした。
エポキシコーティングと言えば一般にラウンド弦を張るための処置とされる向きがありますが、コーティング指板にフラット弦というのも独特の味わいがあってよいものです。コーティング前より、フラット弦の音色の個性がより前面に出るようになった印象です。
スポンサーサイト

プロフィール

たりき

Author:たりき
2016年まで「たりきこうぼう」としてギター・ベースのリペアを承っていました。
現在は PLEK JAPAN 勤務。私個人ではご依頼を承っておりません。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。