スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bacchus twenty-four 5st ブラスナット製作

5弦ベースのHi-CからLo-Bへの変更に伴い、ナットを交換。

Hi-C→Lo-Bなら元々のナットの溝を広げるだけで対処できますが、せっかくなので、ということでブラスへの交換を頼まれました。


角棒から切り出して形を整えます。5弦用なのでいつもより長いです。

P9120470.jpg



ある程度形が整ったら、横幅を合わせる前に溝を切ります。細かい修正が生じる可能性を考えるとこのほうが都合が良いです。

P9120472.jpg

まだ溝の深さは本格的には追い込みません(それでも相当下げるのですが)。ナット全体の整形、研磨が終わったところで最後の追い込みをするので、この段階では溝の深さにはある程度余裕を持たせてあります。

ともあれ、溝を切ったら横幅を合わせ、全体を研磨していきます。


エッジが丸まらないよう、紙やすりでの研磨では当て木を使います。これにより綺麗な面が出ます。

P9120476.jpg



エッジをキッチリと立てるように削りつつ、

P9120478.jpg



必要なぶんだけエッジを落とします。このさいも当て木は必須です。

P9120483.jpg



漸次、紙やすりの番手を上げていきます。この写真は600番をかけた後。まだ細かい傷が見えます。

P9120484.jpg



その後、800,1000,1500,2000。目に見える傷はほぼ無くなります。

P9120489.jpg



最後に、コンパウンドで仕上げ。

P9120510.jpg

P9120497.jpg



前回同様、横ずれ防止のため底面には240版で縦向きに傷を入れてあります。今回も接着は無しです。

P9120501.jpg



楽器に取り付け。溝の最終的な追い込みをし、完成です。

P9120526.jpg

P9120528.jpg
スポンサーサイト

プロフィール

たりき

Author:たりき
2016年まで「たりきこうぼう」としてギター・ベースのリペアを承っていました。
現在は PLEK JAPAN 勤務。私個人ではご依頼を承っておりません。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。