スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

moon JJ5 ジャック交換など

P5310045.jpg

ドラ内山くんのmoonJJ5のジャック交換、およびネック・サドルの調整を行いました。


ポットの不調、と伺っていたのですが、実際に楽器の様子を見てみると、ジャック部分で接触不良が起きている様子。

P5310040.jpg



取り出してみたところ、やはり非常に劣化が進んでいます。

P5310041.jpg

写真には写りにくいですが、端子とプラグと接する部分の鍍金が剥げ、錆びが進んでいます。
5-56で復活させられないかと試みましたが、やはり交換が必要なようで。新しくSWITCHCRAFTのジャックに交換しました。
結果、ガリガリというノイズは消え、またハイの伸びも改善されたように感じます。

やはりジャックは消耗品ですね。



また、ネックのリリーフおよび各弦の弦高のバランスも、相談しつつ調整しました。

1,5弦に対して低すぎる状態だった2~4弦を上げ、また全体の弦高に対して少々大きいと感じられるリリーフの具合を小さくしハイポジションでの音詰まりを解消。

最終的に、弦高は高すぎず低すぎず、全弦全ポジションにわたりほぼ均一なバズがうっすら乗る、という具合となりました。



音については、教科書的なアクティブジャズベースの音、という印象です。

個人的に、TCTやXTCTの載った楽器はハイの特定帯域がピンポントでブーストされる感じであまり馴染めなかったのですが、この楽器については高域が自然に綺麗に伸びており、ハイのブーストがとてもナチュラルに効く印象でした。弦がとても古かったにもかかわらず、です。剛性の高いネックとエボニー指板の効果でしょうか。とても良い楽器だと思います。



ついでに、シールドも修理。

P5310044.jpg

CANAREのシールドですが、これでは音は出ませんよね…。

きちんと、ショートする可能性を排除する繋ぎ方に修繕しました。
スポンサーサイト

プロフィール

たりき

Author:たりき
2016年まで「たりきこうぼう」としてギター・ベースのリペアを承っていました。
現在は PLEK JAPAN 勤務。私個人ではご依頼を承っておりません。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。