スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オンボードプリの電池交換

3ヶ月しか持ちませんでした。





ついでというわけではありませんが、ブラスナットを研磨したり

PA200480.jpg



ネック裏のマット処理をやり直したりもしました。

PA200481.jpg

マット処理は境界線をナット端にきちんと合わせると、視覚的に気分が良いですね。
スポンサーサイト

弦交換

P8130089.jpg

一時期ステンレス弦に浮気していましたが、結局ダダリオのニッケルに戻ってきました。

電池交換

P7190249.jpg

GLOCKENKLANGのオンボードプリの電池交換。

これで何回目なのかは分かりませんが、何となく大喰いな印象がします。少なくともTCTと比べると電池の持ちがかなり悪いような。

ともあれ、きちんと寿命を把握するため、今回から交換した日にちを紙テープに書いて貼ることにしました。

もっとも、練習時間がまちまちなので、有用なデータが得られるかは疑問ですが…。

データがたくさん集まれば、「この時期はたくさん練習したなあ!」などといったことは分かるようになりますかね。



電池の消費についてはさておき、このプリはとても優秀です。特にトレブルのブーストが非常に自然にかかるので重宝しています。

効き方としては、トレブルを足して積極的に音を作る!というより、弦がヘタッてきても補正して何とか使い続けられるようにしてくれる、という印象です。まあ、効き方がそうというか、自分の場合そういう意識で使っているという事でして。逆に言えば、頻繁に弦交換ができるならあえてこのプリを載せておく必要は無いかな、というふうにも思っているのですが。



ジャックが不調なのをどうにかしたい(交換したい)今日この頃。現在のビルトインタイプは何となく不安なので、穴を拡げてプレート取り付けに変更したい、などと目論んでいます。

弦交換

P6300008.jpg

弦をダダリオのニッケルからMTDのステンレスに交換。

それなりに死んでいたニッケルからステンレスへの交換なので、音の変化は絶大です。

指への引っかかりは、弾くうちに無くなるとの証言が得られているため、信じで待ちます…!

メンテナンス・メモ



1,2弦の弦高を少し上げ、3,4弦の弦高を少し下げました。

現状、1弦12フレットで1.0mm程度で、低音弦に行くにしたがいごくごく微妙に上がっていくようになっています。各弦の弦高の差(弦が太くなるにつれ弦高が高くなっていく度合い)は以前より小さいです。今の自分の弾き方には、これが合っている気がします。

プロフィール

たりき

Author:たりき
2016年まで「たりきこうぼう」としてギター・ベースのリペアを承っていました。
現在は PLEK JAPAN 勤務。私個人ではご依頼を承っておりません。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。