続・フレットレスベース考

前回書き漏らしたことなどを。

よくフレットレスベースを「『ウッドベースと同様に』フレットが無いベース」だとして、「エレクトリックとアコースティックの要素を併せ持つ楽器である」とする説(?)を見かけまして、まあ捉え方は人それぞれなんでどうぞご自由にっていう話なんですが、私はうーん、それはどうなのって思います。
フレットにより半音で区切られていることがエレクトリックな楽器の要素であるという思考があるんだろうけど、「出せる音高が離散的→エレクトリック」「連続的→アコースティック」っていう捉え方がまあナイーブ。
エレキはデジタル!アナログならアコースティック!って連想が働きやすいのは理解できるけど、【デジタル楽器/アナログ楽器】の分類は【電気・電子楽器/生楽器】の分類とは違う話でしょう。


で、フレットレスベースはあくまでエレクトリック楽器だと思います。


そもそもエレクトリックベースは木の板に張った弦の振動をピンポイントで拾って電気で増幅する、っていう、楽器的な良い音を得るという発想からは程遠いコンセプトで生まれた道具ながら、その便利さゆえに新しい音楽とともに普及し、数々の名手に演奏され、その音が後から価値を持った道具だと思っています。

フレットレスベースも同様で、楽器として絶対的に良い音(そんなものは本当は無いわけだけど)かどうかでなく、圧倒的な名手によって音の価値が決定された道具であると言っていいと思います。

その「圧倒的な名手」も、初めて録音を聴いたザヴィヌルに「お前はエレクトリック・ベースも弾くのか?」と訊かれてるので、「フレットレスベースはアコースティック要素を持つ楽器ではなく、フレットレスベースという確たる存在だ!」という自分の価値観も、圧倒的名手によって作られたものに違いないですよね。
圧倒的名手すげえ

そんなわけで、よくあるアコースティック指向のフレットレス(ホロウボディだったりピエゾ載ってたり無駄に木製パーツ満載にしてたり)は良い印象ないです。伏字で言うならACよりBNFが良い(伏字とは)




あと話が飛びますが、フレットライン。
これは必須と言っていいと思います。
百歩譲っても指板側面のラインとトップのフレット位置のドットは必要。

エレキベースは楽器の位置が体に対して固定される又は明確な対応が保たれることがないし、体の下のほうで横向きになった弦を押さえるには関節位置覚は全くアテにならず、したがって視覚に頼らざるを得ない道具です。
何か特殊な構え方と特殊な訓練をすればラインなしフレットレスも弾けるようになるかもしれません。

自分の楽器なんかはフェノール樹脂指板(真っ黒)に塩ビ板(真っ白)ラインなのでコントラスト最高で薄暗くても困ったことがないです。光るとなおよかったですけどね。
ローズ・エボニーにはメイプル板を入れるのが定石ですが、プラスチックなり塩ビなりの真っ白な素材がもっと有力な選択肢になっていい気がします。

ライン無しの独特の格好良さはあると思いますが、楽器の構造・演奏形態(姿勢?)上、ラインはほとんど必須と言って差し支えないものですから、開き直ってクッキリハッキリ見えるラインが良いと思います。



最後は最後らしく、最終フレットの話。
フレットレスは最終フレット位置でだけフレットレスらしい音が出ないことがよくあります。
指板を削って仕上げていくとき、注意しないと指板の端付近をわずかに大きく削り落としてしまうため(大げさに言えばスロープ状になり)、最終フレット位置だけバズらなくなるためです。
まあ仕上げとしては失敗なんですが、場合によっては音楽的に機能しないこともないと思います。

たとえば Remark You Made ではベースが弾くメロディの実音での最高音はG弦20フレットのE♭ですが、普通のジャズベースではこれが最高フレットです(この曲が明らかに4弦フレットレスジャズベースのために書かれた曲であることがわかります)。
で、圧倒的名手の色々なテイクを聴いても、明らかにこのE♭だけ丸みを帯びた、他とは異なる音になっていることが確認できます。
圧倒的名手の圧倒的タッチコントロールもありますが、たぶん、指板終端の処理がわずかに甘いです。
でも最高音のE♭が丸い音になってるの、すごく感動的ですよね。
道具としてのアンバランスさは必ずしも音楽的にダメということではないです。
スポンサーサイト

フレットレスベース考

フレットレスベースが好きです。

フレットレスとの出会いは高校1年、本屋で立ち読みした「ベース・メインテナンスブック」。メンテに関する本ながらフレットレスへの加工方法も簡単に紹介されており、それを見て「自分にもできるな」と思ったのです。
当時まだベース歴は半年足らずで、軽音楽部でTAB譜のバンドスコアを見ながらバンプやアジカンやエルレガーデン(時代を感じる!)を演奏する毎日。新しくエピフォンのサンダーバードを手に入れた直後で、最初に買った安物のジャズベースの用途がなくなっていたところでした。

本屋から帰り、さっそくジャズベースをフレットレス化。これがすべての始まりでした。

メンテブックのフレットレスの項目には代表的なフレットレス奏者としてジャコが紹介されていました。もちろんジャコなんて知らなかった自分は、自分のベースをフレットレスに改造した後に「フレットレスのベースを弾くジャコって人がいる(いた)らしい」と知ったのです。普通はジャコを聴いてから「なんだこの音→フレットレスベースっていうのか!」ってなるものだと思いますが自分は完全に逆パターンです。
そこで定番らしい「HEAVY WEATHER」やら「ジャコ・パストリアスの肖像」を聴き、衝撃を受けてジャズ・フュージョンに目覚めるーーとなりそうなところですが、音楽の素養もない、楽器を弾き始めて半年の自分には何も理解できず、しかし理解できないながら「ジャズ聴いてる俺って格好いいぜ」っていう、不純な、まあその年頃ならではのメンタルで頑張って聴いてました。ちょうどyoutubeが出始めたくらいの時期でしたから、ジャコはもちろん、Alain Caron やら Gary Willis やらフレットレスの名手の演奏を、やはり理解できないながらも観てはいました。演奏よりも f-bass のボディシェイプの美しさに心を打たれたり、GWBに憧れてフィンガーランプを自作したり…。
とはいえ高校の部活で演奏するのは邦ロック一辺倒で、フレットレスベースは運指練習に使っていました。当時は4フレット4フィンガーこそ至高で、常にそれを守るべきと考えていたので、毎朝学校に行く前にフレットレスでクロマチックスケールを弾くのが日課でした。相当気持ち悪い高校生ですが、フレットレスできちんと弾ければフレッテッドに戻ったときに非常にラクになったので、当時の練習としてはまあ有効だったと思います。
そういう「運指矯正器具」というやや不遇な位置づけをフレットレスに与えたまま、しかしジャズ・フュージョンの偏った知識や漠然とした憧れを抱きつつ、高校を卒業します。

さて大学です。ジャズサークルに入りたいと思いながらフラフラしてたら怪しいサークルの勧誘を受けました。
「音楽やろうぜ!何が好き?」
「ウェ、ウェザーリポートとか…」
「じゃあうちしかないよ!!!ようこそフュージョンマニアに!!」
で、観に行ったら f-bass AC-5 を使ってるT先輩がいて、入会を決意。「それ、アランキャロンモデルですよね?」って言ったらメチャクチャ喜ばれたのをよく覚えてます。
それでもしばらく自分にとってフレットレスは運指矯正器具にすぎませんでしたが、T先輩の「誰かフレットレスの後継者はおらんのか」という発言を受け、フレットレスにシフトすることを決意します。
まずちゃんとしたフレットレスが必要と考えてbacchusのフレットレスジャズべを手に入れますがこれがどうにもダメダメで、欲しい音がぜんぜん出ないのです。いま思い返しても不思議で、楽器全体の部品や組み込みのバランスの問題だと思いますが、たぶん決定的にダメだったのはエボニー指板だったことだと考えてます。今日に至るまで色々弾きましたが、いまだにエボニー指板のフレットレスに良い印象がない。。。
そこで迷わず、当時メインにしていたフェンジャパのジャズべをフレットレスに改造。ローズ指板にアッシュボディ。ここで自分の楽器の好みが決まった気がします。
そうして「フレットレスを弾く人」と同時に「フレットレスに改造する人」キャラを確立し、周囲の人のサブベースをフレットレスに改造しまくる日々が始まります。演奏以上に改造が好きでした。晴れて自分にとってのフレットレスベースは「運指矯正器具」から「フレッテッドから改造するもの」へと格上げ(???)します。とはいえもちろん頑張って演奏もしてるわけですから、自分の感性も徐々に追いついてきて、フレットレスの音を魅力的に感じるようになってきます。

そんな中、自分に大きな衝撃・感動を与えた音色があります。Pat Metheny の Last Train Home で使われているエレクトリックシタールの音色です。フレットレス的なミョンミョンサウンドに魅力を感じ始めていた自分にとって、その音はあまりにも魅惑的に響きました。そして何とかその音が自分でも出せないものかと試行錯誤を始めます。

余談も余談ですが、どこかのブログがメセニーのエレキシタールをフレットレスギターと間違って紹介していました。まあわかります。シタールの音色とフレットレスの音色は原理的には近いもので、点でなく線(面といった方が直感に近かろうと思いますが面の上に円柱である弦が乗っているのでやはり線です(ラウンドワウンド弦なら巻き線が接するわけですから線ですらなく複数の点(うるせえよ)))で支持された弦が振動に伴いビリつくことであの独特のミョンミョンサウンドが得られます。邦楽器の言葉で言うなら「さわり」というやつです。さらに語源をいえばシタールのブリッジは「ジャワリ」というそうで、これが語源とする説が有力です。

ともあれ、そのエレキシタールの音をキッカケに自分のフレットレスの音を積極的に見つめ直したのです。弦高やネックのリリーフによる音色の変化をあれこれ試し、楽器の基本調整への理解も深まりました。そしてバランスよくビビりが出るフレットレスベースをピッチシフターに通し1オクターブ上げればエレキシタールにほぼ近似と言っていい音が得られることを発見し、さらに演奏にのめりこんでいきます。
同時期に頑張って聴いていたのはボナのフレットレスで、やはり低めの弦高で積極的にビビらせた音色でした。(今にして思えば弦高の低さが必ずしも本質ではなくてピッキングとの兼ね合いだと考えられますが、当時の自分の弾き方だったら弦高を低くすることが得たい音を得る有効な手段だったんだろうと想像します)

どうやら自分は楽器への理解や興味が増すことで音楽を受容できるようになるタイプのようで、この頃にようやく、今まで理解できないまま格好つけて聴いていただけの音楽を、きちんと受け止められるようになってきました。
というか根本的なとこを言えば音楽そのものに本質的な興味はなくて、現象としての音が好きなだけとも言えそう。現象としての音に触れるために合理的で都合のいい場が音楽なんだろうなー。

フレットレスがもつフレッテッドとの最も大きな違いは、常に音がビビってることだと思います。で、それが弦高やリリーフやピッキングの位置・方向・強度に追随して変化する。もちろんフレッテッドでも追随して変化はしてるんだけど、フレットレスの方がビビりの変化として観測しやすい。そういう現象としての楽しみやすさ・制御している実感が自分がフレットレスにハマってる理由なんだと思います。

フレットレス化をはじめ色々と楽器の改造・調整・修理を行うようになり、件のT先輩が「これあげるから、好きにいじっていいよ」と言ってベースを一本譲ってくれました。それが Status ネックの G&L です。もらった直後に何のためらいもなくフレットレス化し、カーボンネックのフレットレスの魅力にとりつかれていきます。カーボンネックの、というより硬質指板の、というべきかもしれません。指板材はフェノール樹脂で、音色特性としてはエポキシコーティングされたローズウッドに近いものだと感じます。

フレットレスの指板材、まあそれだけを取り出して語るのはなかなか難しいものですが、さっきも書いたようにエボニーには総じて良い印象ないです。ローズはまあ好き。コーティングあればなおよし。メイプルは触れる機会が少ないですが、好きです。
ローズはエボニーより柔らかいからラウンド弦を張るならコーティング必須という主張をたまに見ますが、コーティングなしのローズにラウンド張った楽器を数年間使ったけど全然問題はなかったです。問題になるレベルで傷がついたら自分で修正すればいいし…って、だから問題なかったのか。いやでもコーティングされてても傷がつけばやはり修正は必要だし、結局変わらないのでは。コーティング有無で音色は変わるので、判断の根拠にすべきはそこでしょう。
エボニー指板で気持ちいいフレットレスっていうとペデュラくらいです。そもそもスルーネックのフレットレスも苦手なんでペデュラだけ自分の中でいろいろ例外の存在。すげえぜペデュラ。

スルーネックのフレットレスも自分はダメですね。苦手。周波数のピークが変なところに来る感じだし、減衰も気持ちよくない。慣れの問題と言われればそれまででしょうが、どうもスルーネックフレットレスは弾いてて「間違ってる」感が拭えないです。


と、フレットレスとの馴れ初めから、フレットレスに対して感じることを、まとまりなく書き綴ってみました。楽しい。

中盤にも書いたように、楽器の状態や演奏の違いが露骨に音に出るところがフレットレスの魅力だと思います。これは上手に扱わないといい結果が得られないということであり、そういう面倒くさい道具を自らの能力でもって上手に扱う、というのが、楽器演奏に限らず自分の好みのようです。

フレットレス特有のミョンミョンサウンドが自分の好みであるのは間違いないですが、いっぽうで、弦振動を的確に制御しきって、フレットレスであることを全く感じさせない、ただただ正しいベースとしての機能を持った音を出したいという目標も今はあります。
負わなくてもいい負担を負い、越えなくていいハードルを頑張って越える。
そういうのって、楽しいですよね。

Ken Smith 多層ラミネートフィンガーランプ

楽器本体のラミネートに合わせてフィンガーランプを製作。


DSC_8031_R.jpg

DSC_8012_R.jpg

反り・割れ防止のため木取りを横向きにした材を土台にしています。
(写真は別の楽器に取り付けた物です)
DSC_5922_R_20160512213007efb.jpg

プロフィール

たりき

Author:たりき
2016年まで「たりきこうぼう」としてギター・ベースのリペアを承っていました。
現在は PLEK JAPAN 勤務。私個人ではご依頼を承っておりません。

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR